最新記事一覧

遍路旅の原点

お遍路

贅沢で満足度が高いのは

弘法大師・空海が開創した四国各所に点在する八十八か所の霊場を巡るのが四国遍路ですが、第一番札所から第八十八番札所までの全行程は約1,400キロにも及びます。電車やバス、タクシーなど、交通手段に何を使っても良いのが四国遍路の特徴ですが、お遍路さんの原点ともいえるのが歩き遍路です。歩き遍路は他の交通手段に比べて日数がかかるのが特徴です。すべてを歩き通すと健脚の方で約40日、普通の脚の方で約60日が目安となります。日数がかかる分、食費や宿泊費などが嵩むため、歩き遍路は遍路の中でも一番費用がかかり、贅沢遍路とも呼ばれています。しかし、自分の足で歩き通す歩き遍路は結願した時の達成感は大きいものです。自分の足だけが頼りという苦しさもある中、四国の大自然を五感で感じられたり、歩き遍路だからこそ体験出来る地元の方のふれあいなど、他の移動手段にはない大きな喜びが得られるものです。一人では歩き通すという自信のない方には他のバスツアーなどの遍路ツアーように歩き遍路ツアーがあるのでこれを利用する方も最近では増えてきています。こうしたツアーのメリットは一人だと何かあった場合に挫けてしまいそうになるところを同行者と励まし合いながら行ける点です。また、ツアーガイドが同行するので道に迷ったり、宿の手配の心配なども無くなります。歩き遍路は日数がかかりますから仕事や家庭などで忙しい現代人には中々手の出しにくい方法です。そこですべての霊場を一遍に巡るのではなく、中断と再開を繰り返して最終的に八十八か所を巡る区切り打ちという方法で歩き遍路をする方が増えてきています。区切り打ちなら日数や費用を配慮して自分の好きなようにコース設定が出来ます。歩き遍路ツアー利用なら日数や費用はあらかじめ決まっているので、限られた時間しか休めない方や余計な費用を抑えたい方なども安心して利用できたりします。